マイスター大学堂:ブログ

金沢への旅

皆様、お元気ですか?

今日は眼鏡とは無関係な旅のお話です。

 

某休日、旅に出ました。

今回は電車に乗って金沢を目指しました。

kanazawa4

金沢に着くと早速、徒歩で

 

kanazawa5

泉鏡花記念館を目指します。

 

こんなに方向音痴だったかしらと悲しくなるぐらい道に迷いました。

行きつ戻りつしてやっと到着です。

kanazawa6

ファンなら一度は訪れてみたい夢のワンダーランド、閉館のアナウンスが流れるまで、ワテ味わい尽くしたろおもてます、と勢い良く突入、ところが館内を一回りしてそのまま勢い良く飛び出してしまいました、あれ!

 

さてお次は記念館近くの「ひがし茶屋街」にある内部が見学可能なお茶屋「志摩」を目指します。

kanazawa9

繊細で素晴らしい造作の数々、丹念に観賞していると疲れました。

 

kanazawa11

歪んだ硝子が渋いですねぇ、窓ガラスがワウワウワウウワとうねっています、サイケ。

来た甲斐があったわぁー、と大満足で「志摩」を後にしました。

 

目指すは久隅守景先生の「四季耕作図」を所蔵する石川県立美術館です。

kanazawa17

「四季耕作図」はほのぼのとした脱力感がまことにクールで涙が出ました。

 

さて、美術館を出ると雨が降り出しました。

kanazawa18

カラスの鳴き声に小雨降る旅の空、それに空腹です。

ご飯、ご飯とグッと来るご飯屋さんを探しましたが、なかなか見つからず、このままでは客死と悟り、さて行き倒れますか、と準備を始めたところで目の前にグッとくるステキなカレー屋さんを発見しました。

ほっとして店に入り、メニューを眺めて熟考した末に「なっとうカレーッ」。

 

店を出るとまっしぐらにホテルに向かいチェックインしてお風呂に入り、「奥能登の白菊」を飲んで休憩、しばらくゴロゴロしている内に日はとっぷり暮れたので、夜の街へ。

晩御飯はラーメンと餃子です。「お前さぁ、19年生きてきてチョコ何個もらった」「えー、おれは…」という会話を交わすテーブル席の学生さん達を背にして、カウンターでラーメンを待っていると旅情がビンビンと募りました。

 

さて翌朝、チェックアウトして元気に出発、目指すは鈴木大拙館です。

実はあまり期待していなかったのですが、大変素晴らしかったですね。

kanazawa21

水面に広がる波紋が写る壁、ステキ。

 

kanazawa22

来館者がのびのびと思いをめぐらせることが出来る磨きぬかれた空間、お薦めです。

 

鈴木大拙館を見てからは武家屋敷をみたりしてまたぶらぶら、やがてお腹もへってまいりました。

今日は何か高価で美味しい物を食べてやろう、と勢い込んで海鮮丼を食べさせる店に突入致しましたが、はて、あれは美味かったのか、と首をかしげたまま退店。

釈然とせず、まだお腹も空いたままなので近くのミスタードーナッツに入りコーヒーをドーナッツを食べることにしまた。隣の席に座った若い女性がドーナッツ4個を一人で一心不乱に食べている様をチラチラ見ていると、また旅情が募りました。

 

カレーもラーメンもドーナッツも食べた!九谷焼のサイケな酒器も買った!日本酒も飲んだ、買った!金沢はステキな街でした。

楽しかったです。時間を見つけて、また行きたいですね、と結んでダラダラとした旅行記を終えます。

 

クリタケ

関連記事: